私たちの考え

自分たちの健康のため、未来ある子供たちをまもるため。自然の法則を知り、忘れられがちなジイちゃん&バアちゃんの知恵を生かし心豊かに暮らすこと。自然の中で暮らしている私は、庭にある果実の実でコンフィチュールや果実酒を作ります。畑でたくさんとれた野菜は砂糖漬けやピクルス、乾燥させて保存します。夏になるとたくさんのトマトを瓶詰して保存できるようにします。秋には稲を刈り、オリーブを収穫し塩漬けします。あ、今年も夏(秋)が来たと1年という時間を体で感じることができます。食べ物が育つのにかかった時間と関わったすべての人に感謝の気持ちもあります。風土や気候。農家さんや漁師さん。料理をしてくれた人。 
ところが、都会で暮らす人が増え、スーパーに行けば世界中の あらゆるものが手に入り食物が持つ時間との関わりを実感することが難しくなってしまっているいるような気がします。忙しさのあまり食事の大切さを考える時間や、食事の時間も少なくなってきているような...。何が豊かか、人それぞれだとは思いますが、こういうのもあるよぉってね...近隣の生産者と共に身近にあるもので「ちょっと今の食生活を変えてみようっかな?」って、きっかけを作りの場を作っていきたいです。
わたしたちは休日には畑仕事をします。土を耕したり、草を引いたり、虫をとったりして・・そうして育てた野菜を自分たちの食卓に。仕事と生活を自然と共に暮らしています。



 

Wine

私たちのワインの選択は、私たちの料理と同じです。おすすめするワインはそれはまずピュアに 葡萄の美味しさが引き出されたワイン。すなわちテロワールやヴィンテージの特徴が ストレートに現れているワインです。すべてのワインはユニークで、独自の起源の歴史を持っています。イタリア、フランス、日本から食べ物と同じ自然なワインを揃えています。
 
*年末・年始のご案内*

 12月23日~25日クリスマスコース
Lunch 6500円 12000円 Dinner 12000円

 年内は12月30日(金)まで年始は1月1日ディナーより営業します。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
Telephone Reservation 

お食事の予約は1か月前の1日より承ります。
(たとえば7月20日の予約の場合6月1日朝8:30分より承ります。)
1日が定休日の場合は翌日

 電話での予約は0736-63-2227
*月曜日は定休日です。(祝日は営業)
*小学生未満のお子様連れのでのご来店は
 ご遠慮いただいております.
*アレルギー、苦手な食材がある場合は 備考欄にご記入ください。
*こちらの予約フォームでは1週間以降のご予約を承ります。
*1週間以内のご予約はお電話でお願いします。
*当日キャンセルの場合にキャンセル料を頂きます。
 
 

 
 
 
 

住所 和歌山県岩出市川尻71‐5 649-6231
71-5 kawajiri iwadecity WAKAYAMA JAPAN


定休日   月曜日

営業時間   11:30~13:30(L.O.) 18:00~21:00
電話   0736-63-2227

休業日  
12月 5日 12日 19日 26日 31日
1月 10日 16日 23日 28日 29日 30日
 
 
 

 

 
    宿泊のご案内
    ゲストルームについて
    会員制のお酒を飲まれる方のために2名様でご利用いただける
  部屋を1室ご用意しております。

    ルームチャージ
    30,000円(消費税抜)
    夕食と夕食時の飲み物 朝食込 
    別途ご用意ください。
    無料駐車場完備
 
 
 


 
 

villa AiDAまでの案内

車でお越しの方へ
阪和道泉南ICを出て左折。約12km(15分)です。
阪和道和歌山北ICから16kmです。
※駐車場完備しています。
 
電車でお越しの方へ
大阪方面よりお越しのお客様はJR阪和線紀伊駅で下車。
南紀よりお越しのお客様はJR和歌山線岩出駅を下車。
タクシーをご利用ください。
運転手さんに「岩出のアイーダまで」とお伝えください。
紀伊駅からは15分位、岩出駅からは5分位です 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

edi-Table project
Education(食育)、Edible(食の)、Table(テーブル)

私たちの食にまつわる様々な様々な想いに共感するシェフや生産者がその土地で、そこの食材で料理をする1日限りの野外レストランを開くプロジェクトを始めました。
新鮮な地元素材を私たちの料理はスタッフみんなで野菜を作るところから始まります。朝、収穫してそのままテーブルに届られるハーブや野菜の香りは格別です。お世話になっている野菜農家さんや果樹農家、友人から届けられるジビエや山菜、きのこ。Villa AiDAにある素材はどれも作っている人の顔がわかるものです。わざわざ言いませんがそれが自分たちにとって自然で日常だから。 地域を活性化する山も海もある和歌山は、野菜だけではなく果樹や肉・魚があります。それぞれの生産者がつながり交流をもち、お互いの仕事や気持ちを知ることで同じ方向を向き発信する。「都会では真似のできないことを考えていきます。料理だけではなく、生産者との関係でも。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。